うどん県旅ネット

  • 特集
  • モデルコース
  • 観光スポット
  • グルメ
  • イベント
  • 旅の予約
  • アクセス
  • 行きたい
  • うどん
  • 栗林公園
  • 金刀比羅宮
  • 小豆島
  • アート
  • 島旅
  • 遍路

うどん県旅ネット

メニュー開閉

  1. KAGAWA Wifi Free
  2. SNS
  3. フォトダウンロード

ブログトップへ

うどん県の最新情報

閉じる ×

BLOG
歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

2020.01.31 歴史ある名園で楽しむ光のアート チームラボ 栗林公園 光の祭

フランスの旅行ガイドブック『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』(2009年版)において、「わざわざ旅行する価値がある」を意味する最高評価の三つ星に紹介された特別名勝栗林公園が、チームラボの手により『光のアート空間』に生まれ変わりました。
歴史ある大名庭園とデジタルテクノロジーが融合した、『チームラボ 栗林公園 光の祭』をご紹介します。


JR高松駅から中央通り沿いを南に下ったところにある栗林公園。国の特別名勝に指定されている文化財庭園の中では、最大の広さを誇ります。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

『光の祭』はこの栗林公園で3月8日まで開催されています。注意して欲しいのは、栗林公園は2月は17時半、3月は18時閉園だということ。閉園時間になると栗林公園の各入り口は一旦閉じられ、駐車場や駐輪場も閉鎖されます。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

『光の祭』は毎日18時半(ただし、水曜日は定休日です。)から。会場への入り口も普段の入り口とは変わります。まずは東門から入り、すぐ左手の栗林庵へ向かう門をくぐりましょう。なお栗林庵そばにも駐輪場がありますが、台数には限りがあります。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

門から入って少し行くと、光の祭専用入り口があり、その横に当日チケット売り場があります。当日券は大人1500円、小中高生500円。未就学児は無料なのでぜひファミリーで楽しみたいですね。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

入り口からしばらく歩いて、光の祭会場へ。来場者が多い場合はゆっくりアートを楽しんでもらうために、入場制限もあるそう。夜は寒いので防寒対策はしっかりと!

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

さていよいよ会場へ。どこからか幻想的な音が聞こえ、木々がさまざまな光で彩られています。チケットもぎり場はこの先にあります。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

チケットもぎり場を過ぎると後は自由に見て回れますが、アートは園内のあちこちにあるので、順路に従って巡るのがおすすめ。栗林公園内は未舗装の道や砂利道も多いので、ぜひ歩きやすい靴と服装で。暗いので特に足下には注意して歩いてくださいね。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

まず最初に向かうのは、南湖にある『呼応する木々』。一歩進むごとに趣の違う風景が楽しめるため「一歩一景」とも賞される栗林公園。光の祭でも、一歩進むごとにあるときは華やかに、あるときは幻想的なアートが繰り広げられます。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

シャッターチャンスばかりなので、バッテリー残量には気を付けて!

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

南湖には他にもアート作品があります。『水面に立ち続ける呼応する生命』は水面の卵形体が風に吹かれて倒れると光の色を変え、色特有の音色を響かせます。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

続いて南湖沿いに掬月亭へと向かうと、そのそばには『浮遊する、呼応する球体』が。軽く叩くと色が変わるので、ぜひ試してみてくださいね。インタラクティブなのもチームラボのアートの魅力です。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

掬月亭そばの池には光るランプがいくつも浮かんでいます。このランプは人が近くで立ち止まっていると強く輝き、音色を響かせます。ちなみにランプシェードはムラーノ・ガラス(ベネチアン・グラス)製!

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

掬月亭を過ぎて、さらに奥へと進みましょう。そこには光る卵形体が並んでいます。1個の色が変わるとそれに反応してまわりも変わるシーンは必見。ぜひ動画でみてみてください。直接触れるので子供達もきっと大喜びですよ。

その奥にはさらに大きな卵形体が密集した作品が。『自律しつつも呼応する生命の森』の名の通り、大人の背丈よりも高く、まるで光の中に包まれるよう。癒やされます…

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

こちらの卵形体も、軽く押すと色や音が変わります。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

ほら変わった!

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

さらに順路を進みましょう。栗林公園の一番西の端には池があり、その向こうには紫雲山の石壁があります。『増殖する生命の石壁 – 紫雲山』は、その石壁を活かしたアート。12カ月の花が咲いては散り、変化していきます。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

映像はコンピュータープログラムによってリアルタイムで描かれるので、同じ絵は二度と見ることはできません。まさにその瞬間だけの感動が味わえます。

順路を戻り、今度は南湖の反対側を通って飛来峰へ向かいます。紹介したアート以外にも、いろいろな場所で光の祭は繰り広げられています。まさに『一歩一景』です。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

光り輝く南湖を愛でながら園内一の絶景スポット飛来峰へ向かいます。ちなみに途中にある偃月橋は通行止めです。また飛来峰では石段を上り下りするので、足下には気を付けてくださいね。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

ゆっくりと明滅している木々、そしてそこに浮かび上がる偃月橋。いつまでも見飽きない光のアートが繰り広げられます。

歴史ある名園で楽しむ光のアート	 チームラボ 栗林公園 光の祭

国の名勝栗林公園を舞台とした『チームラボ 栗林公園 光の祭』。ここにしかない風景とアート体験をぜひあなたもご堪能くださいね。なお園内をゆっくり巡るとだいたい1~2時間はかかります。公園の駐車場や駐輪場は使えないため、公共交通機関のご利用をお願いします。


-----------
チームラボ 栗林公園 光の祭
開催期間 2020年1月25日(土)~3月8日(日)
開演時間 18:30~21:30(入場は21:00まで)
定休日  水曜日
当日券  大人1500円・小中高生500円・未就学児無料
住所   香川県高松市栗林町1-20-16
電話番号 087-831-4449(チームラボ栗林公園光の祭運営事務局)平日10:00~18:00
公式HP 公式サイトはこちら
-----------

TOP