うどん県旅ネット

  • 特集
  • モデルコース
  • 観光スポット
  • グルメ
  • イベント
  • 旅の予約
  • アクセス
  • 行きたい
  • うどん
  • 栗林公園
  • 金刀比羅宮
  • 小豆島
  • アート
  • 島旅
  • 遍路

うどん県旅ネット

メニュー開閉

  1. KAGAWA Wifi Free
  2. SNS
  3. フォトダウンロード

ブログトップへ

うどん県の最新情報

閉じる ×

私のおすすめ

BLOG
  • 半日
  • うどん
  • 買物
  • 体験
  • 電車
  • まち歩き
  • 撮影スポット
来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

2018.03.30 来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

ザビエ・ブルセさん
プロフィール
フランスのトゥールーズ出身。14歳の時に、祖母から贈られた盆栽に魅了され20歳で初来日。
日本で盆栽の修行をした時期もあるが現在は、三木町で奥さんと「zazu plantes et cafe」を営んでいる。

お店の詳細はこちら

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

高松駅からたった7分の鬼無町は「盆栽の里」として有名な土地。フランスで盆栽の魅力に出合った私は盆栽職人を夢見て来日。以前、ここで盆栽を学んだ「中西珍松園」さんは、今も大好きな場所。いつ訪れても心が安らぎます。

JR鬼無駅から徒歩10分ほどで中西珍松園展示場に到着。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

案内してくれるのは中西珍松園五代目・中西陽一さんの奥さんでもあり盆栽アドバイザーの中西佳奈さん。
敷石に沿って歩くと次々と現れる盆栽の数々。その一つひとつに異なる世界があって、見て回るだけでも癒される。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

盆栽って極端に過保護に育てていると思われがちだけど、基本的には暑い日も寒い日も屋外が基本。自然の摂理に任せることで、人の手では作れない美しさが生まれる。
展示場はいつでも入場OK。お願いすれば詳しい解説もしてもらえます。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

鬼無町のもう一つの見どころは「松の田んぼ」。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

中西珍松園の周りにもいっぱいあるよ。まるでキャベツでも植わっているみたいなこの景色は、他では見ることができない珍景!時間があればゆっくりと散歩するのも楽しい。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

盆栽を楽しんだ後は、同じ町内にある山奥のパン屋さんへ。鬼無駅からは車で5分くらい。今日は中西さんご夫婦が連れて行ってくれました。パン屋の名前は「小麦堂」。石窯と薪で焼いたパンは人気で、午後には売り切れることもあるそうです。

ここは行く道中が面白かったです。車を置いてからも少し歩きますが、この日は雪が舞い散りステキな景色を見ることができました。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

あれっ!?看板の周りに小麦堂の応援団(?)が…。文字が少し隠れてしまってます。運が良ければ会えるかも。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

次に紹介するのは鬼無駅から車で5分くらいの場所にあるジャズの流れるうどん屋さん。
ここも中西さんに車で送ってもらいました。香川ならではのセルフスタイルで、おいしいうどんを食べられるおすすめの店。接客はみなさん女性。親切に教えてくれるので初めてでも安心ですよ。

来日のきっかけになった盆栽の里を訪ねて

ぜ~んぶおいしいけど、寒い日は具がいっぱい入った「しっぽくうどん」がおすすめ。私はいつも冷たいうどんですが(笑)。おでんや天ぷらなども充実してます。持ち帰りもできますよ。

隣には太い梁のギャラリースペースもあり、ここでは個展やコンサートも開催されているそうです。

「中西珍松園 売店展示場」
高松市鬼無町佐藤8-2
087-882-0526
営業時間/9:00~17:00

「小麦堂」
高松市鬼無町佐料470-1
087-881-8839
営業時間/11:00~16:00
休/日・月曜、祝日

「ヨコクラうどん」
高松市鬼無町鬼無136-1
087-881-4471
営業時間/8:00~16:00

TOP